副業の確定申告について!いくらから申告すべき?診断ツールあり

こんにちは、Ryokoです。

 

生活が会社の給料だけでは厳しい・・・少しでも生活費の足しになれば!と副業をしている人も現在は多いのではないでしょうか。

 

 

そんなとき、ふと頭をよぎるのは確定申告について。確定申告は手間も時間もかかるので、したくないという人も多いのではないでしょうか。

 

 

今回は、副業の収入の確定申告について、いくらからすべきなのかなどを見ていきたいと思います。

 

 

確定申告は20万円

まず20万円ルールというものがあるのはご存知でしょうか?

 

 

サラリーマンの方の副業で確定申告をする必要があるかどうかの基準になっているものです。副業の所得が20万円以下の場合は確定申告をしなくても良いというルールです。

 

 

ただし、これに関して副業で何をしているのか?によって内容が変わってきます。

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

副業がアルバイト・パートの場合

副業がアルバイト・パートの場合は、その収入が1年間で20万円以下の場合は確定申告の必要はありません。

 

副業がアルバイト・パート以外の場合

クラウドソーシングや内職の場合、所得が20万円以下の場合は確定申告は必要ありません。この場合、収入ではなく所得になるので「売上-経費」のことになります。

売上から経費を引いた額が20万円に満たない場合、確定申告はしなくて大丈夫です。

 

20万円というラインは同じですが、申請時の条件が違うので注意しておきましょう!

 

 

税額診断ツール

副業を考えている方は、自分の所得税・住民税・社会保険料などそれぞれいくらかかるかを確認しておく必要があります。

 

 

最短で1分、登録不要の無料税額診断ツールがありますので、ぜひ活用してみてください!

 

 

診断後の細かな説明もありますので、ありがたいツールです icon-heart

 

 

おわりに

副業を始めるとなると気になる確定申告についてシェアしました。

 

確定申告の時期は人も多いし、時間もかかります。何より手間がかかるので避けたいものですが、申告しないといけないものを申告していなかったら大変なことになりますので、しっかりと把握しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です